バイトやパートの確定申告ってどうするの?

バイトやパートでも確定申告が必要になるケースがあります。
多くの場合、バイトやパートはシフト調整などをしてくれて年収が103万円を超えないようにシフト調整してくれていたり、もしガンガン稼いでいて103万円を超える場合でも勤務先が源泉徴収して納税してくれています。
しかし、バイトの掛け持ちの場合には収入を合計して123万円を超えてしまうと確定申告が必要になるので注意が必要です。
「ん?なんで123万円?」と思われるかもしれませんが、バイトを2つ以上掛け持ちした場合には103万円にプラス「20万円のその他の収入」が認められることになります。
1箇所では103万円、これはバイトやパートに限らずサラリーマンでも同じことが言えます。
ちなみに学生の場合には130万円を超えると確定申告が必要になります。
「え~、何だかめんどくさいし、申告しなきゃだめ?」という方もいらっしゃるかもしれませんが、もし確定申告を意図的にしなかったりすると…無申告加算税という罰金や延滞税なども追加されることになります。
ある日突然税務署から連絡が来る…ということになるかもしれませんので、確定申告をする必要がある人は必ずしてくださいね。